メンズシャンプー 成分 分析

メンズシャンプーの成分を分析

メンズシャンプーの成分を分析

育毛の条件としては、良い頭皮環境であることが大切です。
頭皮は乾燥していたり、ベタベタしている人などそれぞれです。
洗浄力の強いメンズシャンプーは、ベタベタしている人にとってはスッキリ爽快感がありますが、皮脂の取りすぎで乾燥してしまいがちです。
反対に、乾燥している人が刺激の弱すぎるメンズシャンプーを使ったとしたら、実は汚れが落ちていないというデメリットがあります。
メンズシャンプーを育毛に適した条件で選ぶとなるととても難しいのです。

 

ただ、メンズシャンプーを成分の面からみると、自ずと自分に良いものが見えてくるかもしれません。
シャンプーの主成分は洗浄剤と呼ばれるもので大半を占めます。
これは、汚れを落とすことに重点を置いた石鹸成分ですが、3つに分類することができます。

 

石鹸

普通の石鹸で髪を洗うときしみます。
これは髪の表面のキューティクルが開いた状態です。
洗浄力が強いので、ベタつきもすっきりしますが、皮脂の落としすぎには注意が必要です。
また、植物由来ではなく、石油系界面活性剤を使用しているものについては、頭皮にはあまり良くないです。

 

高級アルコール

ラウレス硫酸Na、ラウリン酸Na、スルホン酸Naと言ったものを使用しているシャンプーです。
これらは合成界面活性剤であり、高級なのは良いものの意味ではなく、炭素数が大きいものという誤解を招く表現です。
安価なメンズシャンプーに使用されていて、とても多く流通しています。
泡立ちも良く、スキッとした洗い上がりです。
アルコール使用という点では、髪に良いものではないことは理解できますし、添加物天盛りです。

 

アミノ酸

人間のタンパク質と同じアミノ酸系シャンプーは、低刺激で頭皮環境に良く、育毛を考えたい方に是非オススメです。
きしみや泡立ちの悪さで口コミも悪いものもありますが、頭皮にとってはベストなシャンプーです。

メンズシャンプーの成分を分析関連ページ

メンズシャンプーの妥協
頭皮環境に良いアミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーを使っているけれど、どうしてもあのきしみと洗いあがりが満足いかない方も多いです。やっぱりシャンプーは、スカッと爽快感で、洗浄力の強いものでなければならないと思っている方にとっては、この2つのシャンプーは不満です。
育毛を考えたメンズシャンプーの使い方
メンズシャンプーは、頭皮環境に良いものを使用するのが良いのですが、使い方を間違うと逆効果になってしまいます。男性の方はあまりしないのですが、シャンプーの前にクシを使ってとかす習慣を付けてください。
メンズシャンプーができること
最近の注目はスカルプケアで、スカルプとは頭皮のことですから、頭皮をいかにケアできるかがポイントです。皮脂が多いべたつく男性の頭皮ですが、あえてその皮脂を取り過ぎない、それでいてべたつきを抑えることができます。
メンズシャンプーは育毛効果がある?
メンズシャンプーで育毛に良いセットの形で、シャンプーの他にコンディショナーや育毛剤などが一緒になって、発毛が促進されることが説明されているものがほとんどです。育毛メンズシャンプーといっても、それは頭皮環境が良くなっていくと考えたほうが良いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ