抜毛 薄毛 原因

抜毛薄毛の原因

抜毛薄毛の原因

抜け毛や薄毛の原因は、いろんな要因が重なって起こります。
生活習慣の乱れや精神的ストレスにより代謝のリズムの異常によって毛根の栄養が行き渡らなくなり、抜け毛や薄毛になる場合があります。

 

特に円形脱毛症はストレス由来のものが強いと言われています。
ほかにも「良くないヘアケア」による頭皮環境の悪化によっても抜け毛や薄毛は起こります。不潔な状態はいうまでもありませんが、過度なシャンプーでも頭皮の環境は悪くなります。

シャンプーが原因?

しかし「そこまでシャンプーしているわけでもないし清潔にしているのに、それでも抜け毛・薄毛が…」と思っているかたはいませんか?

 

その場合は、シャンプーに含まれている”石油系界面活性剤”や”シリコンシャンプー”が抜け毛や薄毛の原因になっていたりするって知っていましたか?
シャンプーには洗浄効果を出したり汚れの元である脂成分を分離するために「界面活性剤」が含まれています。市販の安いシャンプーの多くは「石油系界面活性剤」が使われています。

石油系界面活性剤


石油系界面活性剤は原材料費が安く低コストで高い洗浄力を持つものを作ることが出来るのですが、その洗浄力の高さからいわゆる皮膚のバリアを破り体内に入り込みやすい傾向があります。
そのため界面活性剤の原料が身体に入る成分として重要になってきます。皮膚のバリアとは角質層や顆粒層等の総称の角化層で構成されているのですがこれを石油系界面活性剤は破壊し、体内に浸透して蓄積し、場合によっては皮膚障害・内臓障害を起こします場合もあるようです。

シリコン

また、いわゆるシリコンも長いこと使っているとあまり髪によくありません。シリコンを入れることで髪の毛のキューティクルに付着しコーティングできるため、手触りの向上、ツヤを出すなどの効果を出すことが出来ます。これは洗浄力の強い石油系界面活性剤と合わせてシャンプーに配合されていることが多いそうです。強すぎる洗浄力でキューティクルが剥がれるのをシリコンでフォローするわけです。
ですが、これも長いこと継続して使っているとあまり頭皮や髪に良くないと言われています。キューティクルに悪いシャンプーを使っていると、頭皮の表面や髪の毛の質が悪化し抜け毛や薄毛の原因となるというわけです。

 

抜け毛や薄毛などの頭に関する問題をどうにかしたいと思うなら、頭に対する小さな気遣いが抜け毛や薄毛の対策に繋がるといえます。まずは普段使っているシャンプーを頭皮にやさしいものに変えてみてはいかがでしょうか?


抜毛薄毛の原因関連ページ

シャンプーでスカルプケア
毎日のシャンプーを育毛の基礎スキンケアに、スカルプシャンプーはそんな頭皮ケアにつながるシャンプーなのです。
抜け毛・薄毛の予防
シャンプーをしたり朝起きた時に嫌ー!なのが、抜け毛や薄毛。できればこれらの姿をできるだけみることなく暮らしたいところですね。まずは抜け毛や薄毛の原因を簡単におさらいしましょう。抜け毛の原因は遺伝や男性ホルモンの分泌不良、過度のストレスや睡眠不足、頭皮の血行不良や毛穴の汚れなどがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ